見出し画像

夏本番!カバンのエースがおすすめする、ゲリラ豪雨に備えるビジネスリュック4選!

今日は雲一つない晴天だ!なんて思っていたら、まさかの豪雨に巻き込まれた。なんてことありますよね。
そんなピンチにも対応する、ゲリラ豪雨に備えるビジネスリュックをご紹介!

1. 人気の薄マチビジネスリュック「ace.GENE ガジェタブルWR」
2. 背中の蒸れも解消!「ace.GENE ラパックAir-V」
3. 前ポケットにスマホも怖くない「ace.GENE Wシールドパック」
4. 防水第一!「ZERO BRIDGE ナッソー」

1. ace.GENE LABEL(エース ジーン レーベル)
ガジェタブルWRシリーズ

画像1

2019年にグッドデザイン賞を受賞した、スリムなボディに収納力を凝縮したリュック「ガジェタブル」。WRシリーズは表面に撥水加工を施した生地を使用し、多少の突発的な雨などにも対応。PCも安心して持ち運べます。

特徴は、周囲に配慮した設計で、交通各社の推奨する複数の持ち方に対応しているところ。「手に持つ」時はトップハンドル、「棚に上げる」時はサイドハンドルやベルトの簡易収納機能を使用。「前に抱える」時は前持ち時に便利なポケットを多数配置。男女問わないシンプルデザインも特徴です。

開発にあたっては交通各社のマナー啓発内容を独自調査したほか、同様の問題意識を持つ小売店や、リュックで通勤する社員と意見交換を行ってデザインしたバッグです。

2. ace.GENE LABEL(エース ジーン レーベル)
ラパックAir-Vシリーズ

画像2

本体背面下部のポケットから引き出して簡単に装着できるレインカバーを搭載。撥水性のに優れたシリコンコーティングを施しており、突然の雨から荷物を守ります。

夏場のリュックは背中が蒸れる・・・そんな悩みを解決してくれる、背中が蒸れにくいエアベンチレーション構造。
リュックの背面が湾曲構造となっており、そこにメッシュを貼ることでリュックと背中の間に空気の通り道が確保されるエアベンチレーション構造を採用。背中が蒸れず快適に背負えます。また、身体と接するショルダーハーネスや腰部分を支えるパッドにも穴が開いたクッション材を採用し、通気性を高めています。

3. ace.GENE LABEL(エース ジーン レーベル)
W-シールドパックシリーズ

画像3

フロントに“ウォーターシールドポケット”を採用。ポケット内部の樹脂シートに熱融着加工を施すことで、突然の雨などによる上部からの水の侵入からスマートフォンなどのモバイル機器を守ります。
また、本体のメイン素材にはコーデュラ®ナイロンを採用し、光沢のある上質な生地感でありながら、耐久性と高い撥水性を実現しています。

左右両側のタテについているファスナーから内部のオーガナイザーポケットへアクセスが可能で、利き手を選ばずバッグを身体の前に回した時に出し入れがしやすい設計に。本体気室とオーガナイザーポケットのファスナーには、フラップに引き手を隠して収納できるファスナープラ―ガードを採用したり、痒いところに手が届くようなリュックをつくりたいという、おもてなし精神満載のリュックです。

4. ZERO BRIDGE(ゼロブリッジ)
ナッソーシリーズ

本体素材にはTPUコーティングを施した生地を使用。また、本体は縫い目のないシームレスのウェルダー(溶着)仕様で防水性の高いバックパックです。しっかりと握れる2本手のハンドル付きで、背負わないタイミングでも違和感なく手持ちができます。
背面部分には背負っていても蒸れにくい通気性に優れたメッシュ素材を一部に使用しています。
カジュアルな服装で通勤される方などにおすすめ。


今年も酷暑のようで、今から気が滅入りますね・・・
マスクをしながらの移動時には、熱中症にご注意ください!
こまめに水分補給をして、夏を乗り切りましょう!

※ご紹介した商品は、完全防水仕様ではありません。長時間の水濡れにはご注意ください。


担当 A.K




私もスキ!
1
カバンのエース公式アカウントです。旅や移動に関する様々な情報をお届けします。

こちらでもピックアップされています

製品情報
製品情報
  • 3本

新製品情報など、エース製品の情報をお届けします。